ヘルメットにGEAR360を取り付けてカブで走ってみた 続き

 

youtu.be

GEAR360でわかったこと

・GEAR360は動画を撮影すると円が横に二つ並んだ動画になる

GEAR360をPCにUSBケーブルでつないだり、SDカードでそのMP4ファイルを取り込んでも、円が横に2つ並んだ動画のままではYoutubeでもWindowsのプレイヤーでもVR動画としてみることはできない。

スマホのGEAR360アプリ、Windows用のGEAR360 Action Directorで取り込むことで

横長のパノラマ画像になり、VRとして閲覧することができるようになる。

YoutubeにUPする場合はメタデータを書きこむツール(Spatial Media Metadata Injector)を通す必要はなくそのままUPロードすればいいみたいだ。

 

私は今まで、この Action Directorに取り込んで、パノラマ画像に自分で変換するのだと思ってたが、そうではなく、

 Action Director、もしくはスマホのアプリに取り込む時点で、パノラマに変換しながら取り込まれる。

 Action Directorに取り込むだけでよかったのだ。

 今までAction Directorに動画を取り込んでもなぜか操作が効かなくなると思ってたが、それは変換しながら取り込むのに時間がかかってるせいだった。

1GBのファイルに数時間もかかる。まあ4Kなので仕方がないと思うがその間PCはもちろんGEAR360もつけっぱなしでUSBで接続したままだ。

SDカードから取り出せることもわかったが、時間がかかるのは変わらない。

 

なぜかスマホ上で変換したほうが早い。

スマホのアプリではGear360と接続して「保存」を選ぶことでスマホにパノラマ変換された動画が保存される。

スマホだと数十分くらいだ。なぜスマホのほうが早いのかわからない。それほどスマホのCPUは性能がいいのかPCのソフトが無能なのか。

その代わりスマホのアプリはSDカードから取り込むことはできないみたいだ。